2008年04月15日

河鍋暁斎展

京都国立博物館に行ってきました。

京博 暁斎展

河鍋暁斎展だったのですが、この画家、今まで知らなかったのですが、今まで伊藤若冲や曾我蕭白の展覧会でおもしろいものを見せてくれた京博なので、期待していきました。

いや、すばらしかった。

面白いものから、正当な日本画まで幅広く描けるマルチな人なんですね。いや、こういう分け方をしてはいけないのかもしれない。
まじめに絵画を学んだ人のようで、絵の技術は一流。しかし、風刺画のような柔らかいものも好んで書いたために、今まで正当な評価は得ていたようではないようです。
海外では早くから評価されていた。いかにもありがちなパターンですが・・・。
とにかく、見ればわかると思います。私がぐたぐたここに書くより。
是非京都国立博物館に見に行かれることをおすすめします。

京博で、河鍋暁斎漫画展なるものが開かれていることが京都国際マンガミュージアムで開かれていることを知り、こちらにも行ってみました。

マンガミュージアム

暁斎漫画展は、京博を見たからこそ他の閉まるところも多々あって、是非セットで見た方がいいでしょう。

今更ながら、このマンガミュージアムに行ったのですが、この施設、面白いですね。1日楽しめる施設ですね。

よい1日でした。
posted by よしため at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93503131

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。